So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

インターネット依存で死人?うつ病?不眠症?治療しても治らない? [ニュース]

インターネット

最近は、オンラインゲームやSNS(ソーシャル・ネットワーキング
・サービス)でのやりとりに没頭し、やめられなくなる「ネット依存」
で、医療機関にかかる人が増えているようです。

新型うつで休職している人や、家から出たくなくて、ずっと
家にこもってしまううつ病の人が急増しているようですが、
その背景にはソーシャルメディアの普及が関係しているようです。

最近はスマートフォンの普及でさらに、ネットから片時も離れら
れない人が増えてきています。

厚生労働省の科学研究費で行われた成人対象の抽出調査
(08年)で、ネット依存の恐れがあるとされたのは全国で
推計271万人とも言われ、子供の数を加えると500万人を
超えるといわれています。

オンラインゲームにはまったり、友人のメールやSNSのコメント
にすぐに反応しなきゃ、と夜中まで起きたりしているうち、学校に
通えなくなってしまうケースも多いようです。

もし家から外に出たとしても、スマートフォンやipadなどがあるので
いつでもどこでもインターネット、ソーシャルメディアを使える環境に
あるわけです。

インターネット、ソーシャルメディアから片時も離れられないという
環境が出来上がってしまっているので、インターネットを使う
時間を削ろうとしても不可能に近いわけですね。


うつ病になってしまうとなかなか改善するまでのに、時間がかかる
ので大変なことですが、うつ病止まりならまだマシです。

韓国なんかは、02年には約80時間不眠不休でオンラインゲームを
していた男性がネットカフェで急死したという事例もあります。

ゲームにハマりすぎて抜け出せなくなってしまったんですね。
それほど依存してしまうんですね。


10年にはゲームに熱中し、生後3カ月の娘を餓死させた夫婦が
逮捕されたという事例もありますので、うつ病で止まるならまだ
いい方だと思いますね。。

人が死ぬことにまで発展したら今後インターネットが利用できなくなる
法律でもできるかもしれませんね。





ネット依存を解決するには、以下の20項目を実践してほしいと思います。

【行動療法】

●外出する
家にいるからPCを弄りたくなる。外に出れば万事解決。

●小まめに休憩する
30~40分に一度は休憩しよう。その方が効率が上がるし
PCを止めるきっかけにもなる。
キッチンタイマーを使えば正確に時間を区切れます。

●見るべき物がなくなったらすぐに止める
不要な物まで見ない。

●読書
活字に飢えているなら本を読め!図書館ならタダだし1
00円の中古本でも良い。
速読の練習だと思ってパラパラめくるだけでもネットやるよりかはマシ。

●やるべき事をやってからネットする
洗顔・掃除・入浴などです。先に済ませておけば時間が
足りなくなる事もありません。





【生活習慣】

●寝る1時間前にはPCを止める
早寝早起きを心がけましょう。
深夜まで起きてると他に娯楽がないのでついネットばかり
してしまいます。。。

●ブログの更新頻度を落とす
サイトを持つと確実にネットの利用時間が伸びる。
ブログの更新を意識しなければ一週間くらいネットやら
なくても全然平気な筈だ。
無理してまで更新にこだわらない方が良い。

●2chまとめ/個人ニュースサイトを見ない
2chまとめサイトは本当に時間ドロボウなので見ないほうがいいです。


●PCの使用回数を減らす
ネットを一度見始めると途中で止めるのは難しい。
ならば最初からやらなければ良いのです!
朝昼晩と一日に何度もチェックするのは止めましょう。
「効率化」を意識すれば利用時間を圧縮できます。

●考えながら読む
何も考えずにただ読み耽るのは無駄以外の何者でもありません。
「自分ならどうレスするか?」をきちんと考えながら読めば
思考の訓練になります。




【PC技】

●スリープ・モードを活用する
PCが起動してると勿体なくてつい使ってしまう。しばらく
使わないときはスリープ状態にしてしまおう。

●ちょっとした調べ物ならケータイで済ます
どうしてもネットを使いたくなったらケータイでちょっとだけ見よう。
携帯ならパケ代が高いし使い辛いので最小限の利用に
留めようとする意識が働く。

●時間になったら「後で見る」
ブックマークに「後で見る」フォルダを作り、時間がない時は開い
ているページを全部そこにブッ込んで後日見るようにしよう。

●能動的に情報収集する
ニュースサイトを隅々まで読むより検索して必要な情報
だけを無駄なく探しましょう。




【認知療法】

●ネットの害をしっかり認識する
目が悪くなる/頭も悪くなる/ゲーム脳/運動不足/寝不足で
昼夜逆転/テクノストレス/前頭葉の機能が低下し
痴呆症になりやすくなる/
抑うつ・精神状態の悪化/人間不信に/生気が失われる/
機会費用の損失/一日5時間なら年間1825時間浪費する等々...

●目的を明確化する
知りたい事をハッキリさせておけば不要な情報までダラダラ見ずに済む。

●イメージ・トレーニング
ある実験によるとチョコ30回食べる想像をしたグループは
何もしなかったグループに比べチョコを食べる量が減ったそうです。
イメトレはネット中毒にも効く筈です。頭の中でネットをやって
いるイメージを繰り返して禁断症状を抑えましょうw

●メモる
何でもノートに書き溜める習慣を持つとググる前に自分で
考えるクセがつき、ネット依存から抜け出し易くなります。

●音読/速読する
メモと同様、ネット上で「これは」と思う情報は音読して
しっかりと頭に叩き込もう。
頭への負荷を高める事で長時間の利用が難しくなります。
重要でない文章はなるべく飛ばし読みしましょう。

●夢を持つ/人生のToDoリストを作成
やる事がないからネットなんぞをやってしまう。人生に
おいて他に「やるべき事」を見出そう。
あなたの人生がネットで満たされたら、他のものは
何も入らなくなる。
もっと大事なモノが、きっとあるはずだ。



取り返しのつかない病気や、事件が起こる前に生活習慣の
改善をして、ネット依存を解消しましょう。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。